5年 川田の稲を脱穀しました!!

水曜日の2,3校時に「水場の風景を守る会」の方々と脱穀の作業を行いました。

 

南側のフェンスに干してある稲を持ち、脱穀作業開始です。

最初は「脱穀機」を使い行っていきます。ペダルを踏んで機械を回転させ稲穂がついている稲を当てることでそぎ落としていきます。

「千歯こき」も体験させていただき、江戸時代に多く使われていたと言うことも教えていただきました。次に「とうみ」を使って籾殻とわらくずを分けていきます。風を起こし重い物と軽い物を分けていくということを学びました。

次に「臼と杵」を使い、皮をむいて、「一升瓶」に入れ精米をしていきます。

一つ一つの作業が時間と体力を使うことに気付き、「昔の人はすごい!!」ということ、「現在の機械の効率の良さ」などを体験を通して実感することができました。

 

総合的な学習の時間で「大切な命」について学習していきます。命を保つために食事をするわけですが、昔の人の工夫と努力に気付くことができた一日でした。

, ,

Comments are closed.